二次会の景品選びに困った時には

結婚式等の二次会を開催する場合、ビンゴ等で景品を用意するのは定番です。しかしこの景品選びは、二次会自体がどのように盛り上がるかを左右するものなので慎重に選ばなければなりません。しかしながらどんな景品を選んだらよいのか困ることも多いでしょう。景品選びで困ったときはまず全ての景品にいくら使うことができるのかという予算を決めることからはじめましょう。予算というのは当然ですが、会費から賄わなければならないため、二次会を行う会場に支払わなければならない金額と、景品の価格を合わせて会費の額を算出しなければなりません。会費の設定と景品の予算が決定した後はメインである景品の価格設定と、その他の景品を価格とどのくらいの価格のものを使うのかを決めておくと、スムーズに決めることができます。

faxdmは原稿の作成でも頼りになります

二次会の景品選びをスムーズに決めるためには予算やメインの景品を何にするかを決めることからはじめることが大切ですが、どんな景品を選べばよいか迷うことも多いでしょう。景品を選ぶコツとしては、ほしいけれど自分ではなかなか買わないものを選ぶとよいです。自分ではなかなか買わないものが景品で当たると家に同じものがあることが少なく、さらに喜ばれる可能性も高いためです。数年前に電気ケトルが景品として選ばれることが多くありましたが、当時はまだはやりはじめたばかりであったため持っていない人も多く、喜ばれましたが現在多くの家庭で電気ケトルが使用されているため景品に選ぶことはおすすめできません。喜ばれる定番の景品としてはテーマパークのペアチケットや便利だけどまだまだ持っている人が少ないお掃除ロボット、高級なお肉やカニなどの食品などは誰が受け取っても人気のある景品といえます。

二次会を盛り上げるために景品選びとは

二次会を盛り上げる景品選びは、メインの景品をどんなものにするのかも大切ですが、その他の景品選びも非常に重要です。メインの景品は予算の関係上多くは用意でないのは当然のことです。一般的な二次会で用意されているメインの景品は大抵の場合は1つから2つです。またメインよりも少し格は下がるが、同様に自分では買わないがもらえると嬉しいものはいくつか用意するとよいです。その他の景品もその場で開封することが多いため、意表をつくものを選ぶと盛り上がりを見せることが多いです。意表を突くものとは面白雑貨などがあります。例えば一見レタスのような形をした折りたたみ傘など、自分では買わないけれど見ておもしろいもので、使い道もあるものだとよいでしょう。またこれはもらってもいらないなというものに実はメインの景品が隠れていたというサプライズをしかけると予想以上に盛り上がりをみせることもあります。

最新人気景品ランキングを掲載中です。 会場へ直接お届けもいたします。 最大1万円割引になるお宝探しキャンペーン開催中です。 最短翌日配送をおこなっております。 景品の受け渡しは目録システムなのでご当選者様も手ブラで帰れます。 東京都新宿からの全国都道府県へ配送いたします。 大人気の景品をセット価格でお探しの方は二次会景品.com