二次会の楽しい景品を選ぶ際のポイント

年齢が上がるにつれ、いろいろなイベントに参加する機会も増えることでしょう。学校を卒業してある程度の年数が経つと同窓会、結婚適齢期になると友人の結婚式、家族ができると子供連れで参加出来るような各種イベントなどといったように、いろいろな目的で集まって楽しむ企画が多く存在しています。そしてイベントではそのまま次の二次会へと場所が変わるなどして、流れを引き継ぐことも多いものです。次の会場ではメンバーの増減こそありますが、景品を配る企画がある時には、せっかく集まってくださった方々の思い出の品となるように、主催者側もより多くの参加者に喜んでもらえるような景品を選出することは、とても重要になってくるのです。二次会の楽しい景品を選ぶ際のポイントを抑えながら、さらに盛り上がる企画となるようにしていきましょう。

二次会の景品を選ぶ際のコツとは

二次会に流れが変わった時には、一次会で和んだ空気を大切にしながら、楽しめるような企画が考えられるでしょう。例えばビンゴゲームやその他のゲーム類などを催して、さらにその場を盛り上げていくことも多いものです。その結果で景品などを配ることも、さらに二次会を楽しくさせることに一役買っているでしょう。このような時に配られる景品は、出来るだけ多くの方に喜んでもらえることが必要になってきます。満遍なく多くの人に喜ばれる景品にしたい時には、事前の一次会ではどういった会が催されていて、二次会にもどのような人々が集まってくる予定であるのか、その点をきっちりと抑えておく必要があります。集まった人の属性によって、喜ばれる品というのも大きく変わりますので、まずはその点をリサーチして景品を考えましょう。

二次会に集まった属性に合わせた景品を選びましょう

二次会に参加者する人の属性をよく考えて景品を選ぶには、一次会での参加者の男女の比率、年齢層の比率、ファミリー層の比率、会社関係や同窓会などの狭い範囲で限定された人が多いのかなどをしっかりと調べておくことが大切です。属性が決まると、それに合わせて人気のある景品も調べやすいでしょう。費用の面を考えて商品にかけられる金額内での商品を、ネットなどの人気ランキングなどのサイトを見て回っても、だんだんとヒントが掴めるでしょう。その際には男性の好む色、女性の好む色などにも配慮して選ぶことも大切です。また意表をつく景品を選びたい時には、その時の流行を兼ね合わせたトレンディーな商品や、受けを狙った笑える商品なども良いかもしれません。景品にかける値段が許されるのであれば、世間的にも高い評価があり手に入りにくい物なども、注目を浴びて楽しく盛り上がることでしょう。